総選挙にむけた集い【希望のはなしをしませんか】報告 23年7月9日(日)

おかやまいっぽんでは、先日 7月9日(日)に岡山国際交流センター 7階ホールで行いました。
(参加者:ZOOMで23人、会場29人)

目次

  1. 立憲野党代表者におかやまいっぽんから「衆議院総選挙における市民と野党の共通政策」の提案を手渡し
  2. 衆議院総選挙における市民と野党の共通政策
  3. 動画 総選挙にむけた集い【希望のはなしをしませんか】
  4. 会場からのコメントをもらい読み上げ、議論(頂いたコメント一覧)

立憲野党代表者におかやまいっぽんから「衆議院総選挙における市民と野党の共通政策」の提案を手渡し

立憲野党からは
立憲民主党 県議 高原俊彦さん
日本共産党 県議 森脇ひさきさん
社会民主党 高梁市議 宮田好夫さん
が参加され、「衆議院総選挙における市民と野党の共通政策」の提案を手渡し検討を要請

画像
立憲民主党 県議 高原俊彦さん
画像
日本共産党 県議 森脇ひさきさん
画像
社会民主党 高梁市議 宮田好夫さん
画像
おかやまいっぽんから「衆議院総選挙における市民と野党の共通政策」の手渡し

衆議院総選挙における市民と野党の共通政策

2023.7.1.衆議院議員総選挙における市民と野党の共通政策pdf.pdf

152 KB

ファイルダウンロードについてダウンロード

動画 総選挙にむけた集い【希望のはなしをしませんか】

おかやまいっぽん 総選挙に向けた集い【希望のはなしをしませんか】 2023年7月9日(日)13:30~16:30 @岡山国際交流センター7階ホール - YouTube

2023年7月9日(日)13:30~16:30 岡山国際交流センター7階ホール、zoomおかやまいっぽんは総選挙に向けた集い【希望のはなしをしませんか】きっかけはいろいろ、でもみん…

会場からのコメントをもらい読み上げ、議論(頂いたコメント一覧)

  • 個人情報の自己コントロール権が保障されない中で個人情報の区別による一括管理は許されるものではない。管理社会はながては国民監視社会につながる。多少の利便性と引きかえに内心の自由を奪われない政治を望む。G7サミットで日本政府は議長国としての責任を放棄し石炭火力からの撤退を掲げる事に抵抗しているというはずべき姿勢に終始した。この時期に政治を担う政治家の皆さんにはもっと本気に取り組んでもらいたい。
  • 自民党の生命維持政党は公明党(創価学会)で、その補完政党は国民民主党、日本維新の会だと立憲民主党、共産党は思っているのかもしれないが、結果的に、自分等こそが、最もたよりになるホカン政党に政策的になっていることに気づきましょう。
  • これから野党共闘は、どのようにして、選挙に向けてやって行くのか、もう与党自民党公明党を前に統一教会の事、全く前に進んでいないとみえます。 国民の暮らしはますます苦しくなるばかり。
  • 岡山県で野党統一の候補を出す可用性はあるのか、できれば出したい。
  • 軍事費拡大よりも社会福祉を第一に!!
  • マイナカードの不備を追求して岸田、自民、公明を解散に追い込む運動を盛り上げましょう。
  • 中選挙区に戻す運動をしようではありませんか。今の小選挙区では小さな声は全く届きません。公明党も賛成するかもね。
  • ロシアの勢力下にあるとはいえカザフスタンは、核兵器禁止条約批准国である。ベラルーシがロシアの核共有のもとでNATOと対抗しようという案に、ベラルーシは「ふざけるな!カザフスタンは核禁条約批准国だから、そんなことできるはずがない」ときっぱり言った。又、ワグネルのモスクワ進行にプーチンがとった態度に支持を与えよという言に、ベラルーシは「ロシアの内政問題だから、とやかく議論は控えたい」と自主的な態度をとった。これほど核禁止条約批准国は自主的態度をとれるということである。日本も批准国になる必要性をうったえると、かなり効果があると思う。
  • 二度と日本が戦禍に巻き込まれる事を避ける事は、平和的な日本を残すこと、私達大人が小人にしてあげられる最大の責任であり最高のプレゼントではないでしょうか。
  • 食料自給率40%にみたない農業では食べていけないので年金生活の高齢者が農業を担っているが高齢化とともに耕作しない田畑が草原になっています。軍拡する以前に日本人は飢えるのでは。
  • 自民党は相変わらず統一教会と相互協力しあっている。
  • マイナンバー↔保険証は材界の要望か。(マイナンバーはいらない)
  • 安倍ー菅ー岸田ラインはますますアメリカ追随、憲法改正へまっしぐら!!野党共闘できる党は共産、立憲民主、れいわ、社民、新社会党。
  • 今の国会、政治のあり方を登山に例えれば「国民は全て遭難する」
  • 物事を進める場合問題があれば「立ち止まる」これが出来なければ…。岸田登山隊遭難に巻き込まれる訳にはいきません。
  • 人のエゴによって全ての命を経つことは避けなければ。
  • 自由で公平な社会、夫婦別姓、LGBT、家族制度、一から議論をしなおすべきだ。
  • マイナンバーカード(健康保険証の廃止)医療の質の低下をまねくだろう。
  • 税制を昔に戻す。法人税、富裕層への増税以外に経済の再生はない。選挙公約は、これ一本に絞ること。
  • 立憲民主党は野党共闘で衆議院選挙を闘うことを党決定すること。
  • 地域の公共交通が切り捨てられ、小中学校の統廃合も始まり地域間格差の深刻化を強く感じています。
  • 日本政府はもう少し若い方に支援をした方が良いと思うのになぜ自民党は何も考えてないように見えます。
  • 国内政策での経済景気対策問題での具体的政策を検討して国民第1の政治を目指すには野党共闘を強化し自公政治に対抗してほしいし、国民も政治に関心を持ち政治に参加していかなければ実現しない。
  • 武器、殺人に加担する事が許せない。
  • 悪事をもみ消せる世の中が子どもたちに対して申し訳なく思う。
  • 上級国民、上は放っておいて、一番下の底上げ支援をしてください。
  • 手のひら返しはやめてもらいたい。
  • 野党共闘しないと、事項政権に勝てないのは、子供でも分かることなのに、特に立憲民主党の党首は、共産党との共闘に否定的なのはなぜ。??
  • 〈具体的な質問〉代替エネルギー(自然に優しい)として作り出された電力も、一定量以上は、送電線に流してはいけないという「ルール」を作っているのは、いったいどこ?
  • 〈具体的な質問〉(各政党に聞きたい)有権者の政治離れを防ぎ、投票率を上げるため具体的手だてはありますか??
  • (要望)選挙制度改革を要望します。民意を反映せず、政権交代の障害にもなってる小選挙区制は、政治学のみならず憲法学の視点からも政治に悪影響であるという意見が出てます。是非とも小選挙区制廃止、比例代表制や大選挙区制を中心とする選挙制度への改革を共通政策として掲げてほしいです。
  • 今度の総選挙は、「野党」と言っても、日本維新の会や国民民主党などおかやまいっぽんの共通政策とは相いれない政策を掲げる野党も存在するなかでの選挙戦になると思います。日本維新の会は、支持率が高いのですが、漠然とした「改革」への支持が集まっているように見受けられ、有権者が「よかれと思って支持したらとんでもない方向に持っていかれた」という結果になりそうです。日本維新の会の支持者や国民民主党を支持する民間大企業労組のみなさんへのアプローチも必要ではないでしょうか。
  • 候補者調整に岡山県地元の意見を尊重してほしい.
  • 立憲主義と民主主義という、日本国憲法に基づいた民主的日本の政治基盤が破壊されている。
    これを再建する為には、民主的政権をつくることが不可欠である。その為の市民と野党の共闘を必ず実現させよう。
  • マイナカードの強制に絶対反対する。
  • 年金のマクロ経済スライドを廃止し、年金引き下げに絶対反対します。
  • すぐには実現しないかもしれませんが革新野党は共闘するしかないと思います。ゆっくりしっかりした政策を持って、しっかりと前進しましょう。
  • 気候危機は、今まったく地球の事は、そっちのけで自民党は何も考えてないように見えます。どうしてでしょうか。
  • 私は北区に住んでいふものです。今回とんでもないマイナンバーカードの事を、なんで政治が関わって作れと言わなければいけないのか。今"大"問題になってこれから先に健康保険証がなくなればとっても怖い。病院に行かれなくなる。やめて中止にしてもらいたい。
  • 平和な日本が続く社会を!!9条改憲なNO!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA